登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
09 June 2010 

新聞:ベロン、移籍を後悔

ベロン、ユナイテッドからの移籍を後悔
アルゼンチン代表のベテランMFフアン・セバスティアン・ベロンが、マンチェスター・ユナイテッドを去ったことを後悔していると打ち明けた。現在35歳のベロンはアレックス・ファーガソン監督のもとで2001年から2003年の2年間を過ごしたのち、同じプレミアリーグのチェルシーへと移籍した。その後は母国アルゼンチンへと戻り、キャリアの出発点であるエストゥディアンテスでプレーしている。しかし、オールド・トラッフォードに残っていればもっと幸せだったかもしれないと本人は考えているという。ベロンは「移籍の決断は簡単ではなかった。今なら全く違うアプローチを取っていただろうね」と『ガーディアン』紙の取材に答えた。「もちろん、確信があったから決断を下したという部分はあるんだけど、やはり今になって考えると移籍すべきではなかったと思うよ。マンチェスターは本当に居心地が良かったから。チームメートも何度か私に会いに来てくれて、残留するように勧めてくれたんだ。誰が残って誰が去るのかについては、やはりファーガソン監督が大きな決定権を持っているんだと思う。でも、今なら違う方法で対処していたと思うんだ」
スカイ・スポーツ

『サン』紙によれば、移籍を噂されているチェルシーのジョー・コールは、7月1日で自由契約になる模様。契約延長で合意に至れず、自由に移籍先を探すことになる。ユナイテッドもその候補の1つに挙げられているが、同紙はアーセナルが最有力だと報じている。

【関連記事】
ナーニ、負傷でW杯欠場
9選手の南アフリカ行きが決定