登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
11 June 2010 

新聞:ヴィディッチの去就は未定

ヴィディッチの去就はワールドカップ後に確定
ネマニャ・ヴィディッチのユナイテッド残留はいまだ不透明な状態だ。代理人のパオロ・ファッブリによれば、ヴィディッチはユナイテッドに残るべきかどうかを決めかねているという。レアル・マドリーが獲得を熱望しているようだが、本人は移籍に関してあまり口を開こうとしない。しかし、将来については慎重に検討する意向らしく、代理人も「ネマニャはセルビア代表の一員としてW杯に集中している。彼の答えを待っている状態だが、決断を下すのはW杯終了後になるだろう。ユナイテッドには考える時間が必要と伝えてある」と語った。
テレグラフ紙

関連した話題について、ユナイテッドは早くもヴィディッチの代役に目星をつけている模様。『デイリー・メール』紙によると、イタリアのパレルモはユナイテッドからDFシモン・ケア獲得の打診を受けたと認めた。

同じ『デイリー・メール』紙には、ウェイン・ルーニーを支持するジェイミー・レドナップのコメントが掲載された。「イングランドには世界に誇れる背番号10、ウェイン・ルーニーがいる」

一方、肩を痛めたナーニはW杯を欠場するにもかかわらず、南アフリカにとどまることを選んだようだ。この行為はアレックス・ファーガソン監督の怒りを買う可能性がある。『エクスプレス』紙によれば、監督はナーニに対し、クラブに戻って診断を受けるように求めているという。

Round up by Nick Coppack

【関連記事】
移籍に関するゴシップ