登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
10 June 2010 
ページ 1 / 2 次へ » 

新聞:仲間はルーニーを擁護

テリー「ルーニーの気性こそ鍵になる」
イングランド代表のジョン・テリーが、ウェイン・ルーニーの気性こそがチームの力になるだろうと語った。テリーはプラチナム・スターズとの練習試合で起きたルーニーと審判との衝突に関して、ルーニーは成熟した選手だと擁護した。ルーニーの前回のワールドカップは、ポルトガル戦でのレッドカードで終わりを迎えた。しかし、テリーは最大の弱点と思われているものがイングランドの強みになりうると信じている。「ウェインが相手にタックルに行ったときは、僕も少しドキッとした。でもあんなプレーを見せたウェインに、監督は喜んでいるだろうなと思ったよ。ここ数年でルーニーはとても成長した。人々が言うことも理解できるけど、彼は体を張ってチームメートを鼓舞したんだ。前半からウェインにそうしてもらいたかったぐらいだよ」
ポール・ジョイス記者、デイリー・エキスプレス紙

その他のユナイテッド関連のニュースとしては、エミール・ヘスキーがリオ・ファーディナンドに負わせてしまったけがについて語った。『サン』紙が載せたヘスキーのコメントは以下のとおり。「リオに話に行ったら、僕のせいじゃないと言ってくれた。それでも複雑な気持ちになったよ。コーナー付近でボールを持って切り替えそうとして、背中から彼の上に倒れてしまったんだ。リオも脚をどけることができなかった」

一方、ユナイテッドのスター選手だったアーノルド・ミューレンは、『マンチェスター・イヴニング・ニュース』紙に、ウルグアイ代表のルイス・スアレスがW杯で活躍するかもしれないと語った。現在オランダのアヤックスでプレーしているスアレスは、オールド・トラッフォードへの移籍を噂されている。ミューレンは、「ユナイテッドと同様に多くのクラブが南アフリカでスアレスのプレーに注目するだろうね。W杯で実力を見せて、得点もできれば、いくつかのクラブに自分の価値をアピールできるはずだ」

Round up by Nick Coppack

ページ 1 / 2 次へ »