登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
16 June 2010 
ページ 1 / 2 次へ » 

新聞:キエッリーニは残留、移籍?

キエッリーニの移籍は実現するか
我々は15日に、ユナイテッドは、退団を希望しているとされるネマニャ・ヴィディッチの後釜に、ユヴェントスのジョルジョ・キエッリーニを考えているとお伝えしたが、イタリア代表DFの代理人ダヴィデ・リッピが次のようにコメントした。「ジョルジョとはワールドカップが終わってから移籍のことを考えようと話している。ただしユナイテッドが興味を示していることは光栄に思っているようだ」。キエッリーニはW杯のイタリア代表メンバーにも名前を連ねる一流のCBだが、年収はわずかに170万ポンド(約2億3000万円)と見られており、新契約の交渉も難航しているという。契約期間はあと2年残っているが、ユーヴェは最も貴重な戦力の一人を手放すリスクを冒すだろうか。
アントニー・カストリナキス記者、サン紙

『デイリー・メール』紙によると、ユナイテッドとシティーがアルゼンチンのCBギジェルモ・ブルディッソを追跡しているという。また『インディペンデント』紙は、ウディネーゼのチリ代表FWアレクシス・サンチェスがアレックス・ファーガソン監督の興味を引いていると報じた。

『デイリー・スター』紙は、レアル・マドリーがウェイン・ルーニースティーヴン・ジェラードの獲得に、合わせて1億1000万ポンド(約149億円)を用意していると伝えた。クラブ関係者は「今後の2週間で数選手を獲得するだろう。だが大物との契約はW杯後になる。闘争心を持っているルーニーは、レアル・マドリーにぴったりだし、契約は不可能ではない」と話しているという。

一方、『デイリー・エクスプレス』紙は、故障しているマイケル・オーウェンはプレシーズンの開幕に間に合うだろうと報道した。

ページ 1 / 2 次へ »