登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
06 July 2010 

新聞:スナイデルに照準?

スナイデル、ユナイテッドの獲得候補一番手に
来季のタイトル奪還を目指すアレックス・ファーガソン監督は、ワールドカップで活躍中のオランダ代表MFウェスレイ・スナイデルを獲得候補の一番手に挙げている。ただしユナイテッドは、スナイデルをインテル・ミラノから引き抜くために3500万ポンド(約46億4000万円)を用意しなければならない見通し。ファーガソン監督はポール・スコールズのようなタイプの攻撃的MFを探しているため、ユナイテッドの資金は限られているものの、スナイデルこそウェイン・ルーニーをサポートするトップ下として理想的な選手だと考えている。26歳のスナイデルは、1年前に1300万ポンドでレアル・マドリーからインテルへ移籍。ジョゼ・モウリーニョ監督率いるインテルでは、セリエAとコッパ・イタリア、さらにチャンピオンズリーグの3冠獲得に大きく貢献した。W杯でもここまで4得点を記録し、オランダを準決勝に導いている。
フィル・トーマス記者、サン紙

6日の各紙には、イングランドのW杯敗退に関して意見を述べたファーガソン監督のコメントが掲載された。ルーニーについては、次のように語っている。「相当な期待を背負っていたと思う。今大会の主役は彼だという声も聞かれていた…。まあ、今に見ていれば分かるさ。4年後には違う姿を見せてくれるはずだ」

一方、『デイリースター』紙のブライアン・ウールノウ記者は、ルーニーにイングランド代表の主将を任せるべきだと主張している。

Round up by Nick Coppack

【関連記事】
移籍に関するゴシップ