登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
27 January 2010 
ページ 1 / 2 次へ » 

新聞:リオがシティー戦を欠場?

リオに出場停止処分
リオ・ファーディナンドは、FAから指摘された暴力行為により、27日に行われるマンチェスター・ダービーを欠場することになるだろう。ファーディナンドは、ハルのクレイグ・フェイガンに対するひじ打ちにより、3試合の出場停止処分を科される可能性がある。ただ、ファーディナンドが午後6時(日本時間の28日午前3時)までに上訴した場合、マンチェスター・シティーと対戦するカーリングカップの準決勝第2戦に出場することは可能となる。しかし、委員会が上訴には根拠がないと判断した場合、ファーディナンドの出場停止期間が延びる危険性もある。FAは、イングランド代表のセンターバックでもある31歳のファーディナンドが、23日にオールド・トラッフォードで行われたハル戦(ユナイテッドが4-0で勝利)でフェイガンに対してファールを犯したことを確認したため、すぐさま行動を起こした。スティーヴ・ベネット主審は、問題となっている場面を見逃しており、抗議をしたフェイガンに対してイエローカードを提示している。アレックス・ファーガソン監督は、今夜行われる試合が、今後のリーグ戦よりも重要なものになるのかどうかを判断し、上訴するリスクを犯すべきかどうかを決断しなければならない。
― ニール・カスティス記者、ザ・サン紙

アレックス・ファーガソン監督は、今夜の試合をマンチェスター・シティーとの試合という捉え方はしていないようだ。「こういった状況の中で我々は、長年に渡りここで幾つかの偉大なチームと対戦してきた。その経験が我々の助けとなることを願っている」と、監督は語った。「シティーが巨額の資金を有しているかいないかは重要ではない。これはウェンブリーでの決勝に進出するチャンスであり、それ以上のモチベーションはないんだよ」

デイリー・メール紙は、アーセナルが、フルアムからユナイテッドに加入するクリス・スモーリングの横取りを画策していると主張している。スモーリングは今日、マンチェスターを訪れ、契約を交わす前にメディカルチェックを行う予定となっている。その後、フルアムにレンタルされ、今シーズン終了までフルアムでプレーすることになる。

Round up by Steve Bartram
ページ 1 / 2 次へ »