登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
26 January 2010 
ページ 1 / 2 次へ » 

新聞:スモーリングを狙う?

ファーガソン監督がスモーリング争奪戦に参戦
ユナイテッドが、フルアムに所属するDFのクリス・スモーリングの獲得に興味を示している。アマチュアから現在の地位を勝ち取ったスモーリングに対して、イングランドを代表する2つのビッククラブが、彼の獲得に関心を示している。メイドストーン・ユナイテッドでプレーしていたスモーリングは2008年の3月、ロイ・ホジソン監督率いるフルアムに入団。そんな彼を獲得しようと最初に動いたビッククラブはアーセナルで、スモーリング獲得に700万ポンド(約10億円)を提示したと言われている。だが、ここ最近では、フルアムとイングランドのU-21代表で活躍を見せるスモーリングに対してユナイテッドも大きな関心を示しているようだ。スモーリングは、ホジソン監督もかつてプレーした経験を持つメイドストーンというクラブからフルアムに加入した。センターバックの左でプレーするスモーリングは、その才能を高く評価されている。深刻な経済危機により、トップクラブと言われているチームでさえ、なかなか補強に動き出すことができていない現状だが、スモーリングがピッチで見せる活躍に相応しい金額であれば、ユナイテッドとアーセナルの両チームは、彼の獲得を決断することだろう。
― サム・ウォレス記者、インディペンデント紙

ウェイン・ルーニーが、25日付のManUtd.comの中でユナイテッドへの忠誠を誓ったことを受けて、全ての新聞がルーニーのコメントを紹介している。デイリー・メール紙は、現役時代アーセナルで活躍したマーティン・キーオンのコメントを掲載している。同氏はルーニーに敬意を表して、そのプレースタイルをスズメバチに例えている。「ルーニーはスズメバチよりもたちの悪い選手だよ。ペナルティエリア内で相手DFをしつこく追い回すんだ。スズメバチそのものだったら、殺してしまえば一件落着となるが、ルーニーはそうはいかないからね」と、キーオンは述べている。

他には、インディペンデント紙にコラムを掲載しているジェイムズ・ロートン記者が、ジョゼ・モウリーニョはファーガソン監督が引退した後、ユナイテッドで指揮を執る運命にあると主張している。

ページ 1 / 2 次へ »