登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
12 January 2010 
ページ 1 / 2 次へ » 

新聞:ユナイテッドの負債

グレーザー一家が山積みの負債に取り組む
最近、マンチェスター・ユナイテッドには使える資金がない。ファーストチームは、氷に閉ざされたイングランド北西部を10日に離れ、危機的なクラブの財政状況を避けつつ、4日間のトレーニングキャンプのためにドーハへ飛び立った。11日にクラブは5億ポンド(約747億円)の債権を発行することを発表した。これは2005年の借入金を含め、7億9000万ポンド(約1165億円)でユナイテッドを買い取ったアメリカのスポーツフランチャイズのオーナーであるグレーザー一家が自らの負債を助けるためにクラブの資金を増やす可能性も示唆している。
―ロジャー・ブリッツ記者、アナーシャ・サカーイ記者、フィナンシャル・タイムズ紙

ユナイテッドの5億ポンドもの債権を発行するという決定と、レッド・フットボール社の決算に関する記事が各紙で報じられた。しかし、他にもユナイテッドに関する話題が取り上げられている。例えば、ベンフィカのウインガーであるアンヘル・ディ・マリーア獲得の噂がそうだ。デイリー・メール紙は、「チェルシーのフランク・アーネセン・スポーツディレクターがディ・マリーアと交渉しようとしているが、ユナイテッドはディ・マリーア獲得にウインガーのナニに加え、1200万ポンド(約17億7000万円)を提示した。また、インテルも10日に彼を視察しており、オファーを準備中だ」と報じている。

また、マンチェスター・イヴニング・ニュース紙では、バーミンガム戦のダレン・フレッチャーの退場に関する記事を掲載した。同紙は、今後もプレースタイルを変えるつもりはないとフレッチャーが語ったコメントを引用している。この記事に関してはManUtd.jpのサッカーニュースで閲覧可能だ。

【注目記事】
暖かい歓迎を喜ぶ監督
OT100:ポルトを撃破
出場停止に苛立つフレッチャー

Round up by M Nichols, A Bostock
ページ 1 / 2 次へ »