登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
08 January 2010 
ページ 1 / 2 次へ » 

新聞:ネヴィルの選択

新契約に関するネヴィルのジレンマ
マンチェスター・ユナイテッドは、チームのキャプテンを務めるガリー・ネヴィルに対して、1年間の契約延長の新契約を木曜日(7日)の夜に提示した。これでネヴィルは自身のキャリアをさらに伸ばすことが可能となる。契約延長のオファーが提供されないと噂されていたにも関わらず、ネヴィルはキャリアを19年目に伸ばすことになる。だが、ネヴィルは選手としてやっていけるのか自信がないようだ。ユナイテッドはライアン・ギグスとポール・スコールズと契約に合意。ネヴィルは35歳を迎える頃、彼らと同じように1年間の新契約について話し合いが行われることだろう。アレックス・ファーガソン監督はネヴィルのDFとしての経験値とユナイテッドで発揮するリーダーシップをチームに置いていたいと願っている。だが、ネヴィルが来シーズンもトップフォームを維持できるのかは不明だ。
― クリス・ホイラー、デーリーメール紙

同じくデーリーメール紙において、フェデリコ・マケーダが、シーズン終了後までイタリアのボローニャにレンタルされるのではと報じられている。マケーダの代理人はボローニャからオファーが来ていることを認めている。

ザ・サン紙は、ドバイの暖かい気候でトレーニングを積んだバーミンガムとユナイテッドはセント・アンドリュースで試合を行うが、この試合が悪天候のため延期される可能性があることを示唆している。

他の新聞では、32番のユニフォームを手渡されたマメ・ビラム・ディウフのニュースを伝えている。また、インディペンデント紙はライアン・ギグスがソルフォードのサッカークラブでいずれプレーするのではないかと報じている。

Round up by Nick Coppack

ページ 1 / 2 次へ »