登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
16 February 2010 
ページ 1 / 2 次へ » 

新聞:ロナウドが復帰?

ロナウドがユナイテッドに帰ってくる?
クリスチアーノ・ロナウドがユナイテッドへの電撃復帰の可能性について口を開いた。2008年の年間最優秀選手に選出されたロナウドは昨年の夏、移籍金8000万ポンドとも言われる巨額の金額でレアル・マドリーへ移籍している。ニュース・オブ・ザ・ワールドのインタビューにおいて、ロナウドは再びユナイテッドでプレーすることに興味があることを認めた。「ユナイテッドでプレーできないのは寂しいよ。僕の友人はユナイテッドにいる。6年間もの間プレーしていたクラブだからね。時間がある時はユナイテッドの試合をいつも見ているよ。ユナイテッドの試合を見るのが好きなんだ。将来また戻ってくることになるかもしれないね」
― クリフ・ヘイズ記者、ニュース・オブ・ザ・ワールド

16日、チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦第1戦でユナイテッドとミランが激突する。この試合前から、ユナイテッドのガリー・ネヴィルとミランのクラレンス・セードルフが早くも火花を散らしている。デイリー・エクスプレス紙のリチャード・タナー記者によると、セードルフはチャンピオンズリーグの展望について語り、ユナイテッドは「アウトサイダー」だと言い放った。一方でネヴィルは、かつてのチームメートであるデイヴィッド・ベッカムがミランの選手として試合に出場したところで、ユナイテッドに影響はないとコメントしている。ネヴィルは以下のように続けた。「ベッカムが先発として出場しても問題はないよ。僕の弟やニッキー・バットといった、かつてのチームメートと対戦済みだ。みんな慣れている」

また、オリヴァー・ブラウンはテレグラフ紙の中で、ミランのアレシャンドレ・パトこそ、ユナイテッドが最も警戒しなければいけない選手だと主張している。ブラウンは記事の中で「パトは細かいボールタッチとトリッキーなプレーを見せる。バルセローナのリオネル・メッシに匹敵する選手」と称賛した。

一方、ガーディアン紙では、デイヴィッド・プラットが戦術的な観点からミラン戦についての記事を掲載している。ミランは好調だが選手は軒並み高齢だ

ページ 1 / 2 次へ »