登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
10 December 2010 
ページ 1 / 2 次へ » 

新聞:エドウィンがコーチに?

監督がファン・デル・サールに残留を説得?
アレックス・ファーガソン監督
は、エドウィン・ファン・デル・サールが今シーズン限りで現役を引退するならば、新たな形でユナイテッドに留まるよう説得する考えを持っている模様。監督はクリスマス後にもユナイテッドの現守護神と話し合うという。40歳のGKは現役引退の意思を固めていると見られるが、ユナイテッドの指揮官は彼の豊富な経験を違う形で生かして欲しいと熱望している。しかし、1年以上前に脳内出血に見舞われた妻のアンマリーが、オランダに戻ることを希望していると言われている。ユナイテッドはファン・デル・サールにコーチとしての仕事を打診したい考えだ。ただし現在ユナイテッドにはエリック・スティールGKコーチがおり、ファン・デル・サールは主にスカウティングなどを担当することになりそうだ。
フィル・トーマス記者、サン紙

『マンチェスター・イヴニング・ニュース』紙は、ManUtd.comによるガブリエル・オベルタンのインタビューを取り上げている。フランス人ウインガーはオールド・トラッフォードで成功するために、同胞で元アーセナルのストライカー、ティエリ・アンリを見習いたいと話している。「アンリがフランス代表や、ここイングランドでプレーするのを観ていた。彼から学ぶべきことはたくさんあるよ。アンリも僕と同じでウインガーとしてスタートしている。僕もゴール前で効果的なはたらきをして、もっと決定力を上げていきたい」

ナーニは、プレミアリーグ優勝を狙うユナイテッドにとって最大のライバルとなるのはアーセナルだと考えている。『テレグラフ』紙がユナイテッドのウインガーによるコメントを掲載した。「今はチェルシーよりもアーセナルの方を警戒すべきだ。チェルシーは数試合を引き分けたり、落としたりしている。自信を失くしているように映るよ。アーセナルは勝利を重ねているし、リーグ首位に立っていることで大きな自信を得ているはずだ」

ページ 1 / 2 次へ »