登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
16 December 2010 

新聞:敵地での勝利を目指す

ジンクスを打ち破る
アレックス・ファーガソン監督
はチェルシーとの対決を待ち望んでいる。8年間に渡ってチェルシーの本拠地スタンフォード・ブリッジで不運が続いているユナイテッドだが、今回の対決でそのジンクスを打ち破ろうとしている。チェルシーはここ7試合で勝ち点6しか獲得できておらず、好調とは言い難い。ユナイテッドにとっては2002年の4月以来の敵地での勝利を得るチャンスである。ファーガソン監督は以下のように語る。「現時点で最も重要な試合だ。チェルシー相手には悔しい記録が残っている。だが、私たちはそれを塗り替えるための準備ができている。これから首位を維持するためにもこの試合は重要だ。ユナイテッドにとって大一番となる」
サン紙,マーティン・ブラックバーン記者

マット・バスビー元監督の子息が、父親の持つユナイテッドの監督在位期間の記録をアレックス・ファーガソン監督が更新することを見届ける予定だ。『ミラー』紙のインタビューに対して、サンディー・バスビーは以下のように答えた。「もしも私の父がここにいたならば、ファーガソン監督を称賛し、新たに5年契約を結ぼうとするだろうね。父はファーガソン監督の功績を誇りに思うだろう」

パトリス・エヴラはアーセナル戦を振り返り、『サン』紙に「アーセナルが危機に陥っているという試合前の僕のコメントは正しかった。良いプレーをしたと思うが、僕らの方が上回っていたね」と語った。

Round Up By Mark Froggatt

【関連記事】
監督在位期間更新は目前