登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
30 August 2010 

新聞:ロドウェルを獲得?

ユナイテッドがロドウェルを1000万ポンドで獲得?
マンチェスター・ユナイテッドが、エヴァートンのジャック・ロドウェル獲得を狙っている。アレックス・ファーガソン監督は、移籍金1000万ポンドに戦力外となったマイケル・カリックをつけて、移籍市場が閉まる前に手を打ちたいようだ。ロドウェルを手放す気はないエヴァートンだが、この条件は魅力的かもしれない。19歳のロドウェルは中盤の選手だが、CBもこなせるため若きリオ・ファーディナンドとも言われている。ユナイテッドは今ロドウェルを獲得すべきか、契約が切れる1年後まで待つべきか迷っているが、その間に評価額が高騰する可能性もあるため、今回の移籍市場での獲得が得策と見ているのかもしれない。ロドウェルは7歳からエヴァートンに所属し、16歳の時にクラブ最年少で欧州の大会に出場。プレミアリーグでは2008年3月にデビューし、昨シーズンはホームでユナイテッドに3-1と勝利した試合でゴールを決めている。
ニール・カスティス記者、サン紙

一方『デイリー・メール』紙は、ウィガンがMFトム・クレヴァリーの期限付き獲得を狙っていると報じた。また全紙が、2012年のユーロ予選に向けてファビオ・カペッロ監督が発表したイングランド代表メンバーを掲載。ユナイテッドからはウェイン・ルーニーマイケル・カリックが選ばれている。

そのほかのニュースとしては、ユナイテッドがUEFAチャンピオンズリーグでバレンシアに乗り込む9月29日に、バレンシアでストライキが行われるという情報があり、クラブは現地からの続報を待っている。

Round up by Gemma Thompson

【関連記事】
移籍に関するゴシップ