登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
27 August 2010 
ページ 1 / 2 次へ » 

新聞:レンジャーズ再訪に備えよ

レンジャーズ再訪に備えるマンチェスター
チャンピオンズリーグでユナイテッドと同組となったレンジャーズ。彼らの悪名高きサポーターはマンチェスター市民にとって忘れがたき存在だ。2008年5月、UEFAカップ決勝でマンチェスターにやって来たレンジャーズ・サポーターが引き起こした暴挙は、今も市民の記憶に刻まれたままだ。そのレンジャーズは9月14日のチャンピオンズリーグ・グループリーグ第1節でユナイテッドと戦うためにオールド・トラッフォードを訪れる。UEFAと両クラブ、そして地元警察は昨夜、レンジャーズ・サポーターがスタジアムから締め出されるのではないかという噂を否定。ユナイテッドのディヴィッド・ギルCEOも次のように語った。「それほど深刻に考える必要はない。我々はレンジャーズや当局と協力し、試合を滞りなく運営するために全力を尽くす。UEFAカップ決勝を観戦したファンの多くが乗り込んでくることもないようだ。前向きな姿勢で試合を迎えなければならない」
リチャード・タナー記者、デイリー・エクスプレス紙

レンジャーズとユナイテッドの対戦は多くのメディアで注目を集めている。『タイムズ』紙は「ユナイテッド対レンジャーズ戦の重要事項は安全面」と報じ、『デイリー・スター』紙も「ユナイテッド・サポーターが恐れるレンジャーズ戦」という見出しを掲載した。

一方『デイリー・テレグラフ』紙は、負傷中のリオ・ファーディナンドが2週間以内に復帰できるかもしれないと主張。9月末まで戦列を離れると思われていたイングランド代表キャプテンが、「予想以上の早さで回復している」と報じた。

さらに『サン』紙は、ポール・スコールズがイングランド代表への復帰要請を再び断るだろうという話を紹介。そして『ミラー』紙は、ユナイテッドでポジションを取り戻すことを「決闘」とたとえたマイケル・カリックのコメントを掲載している。

Round up by Nathan Thomas

ページ 1 / 2 次へ »