登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
01 April 2010 
ページ 1 / 2 次へ » 

新聞:ベルバ、今こそゴールを

ベルバがチームを救うだろう
ウェイン・ルーニーのケガによる得点力の穴を埋めてくれる存在として、ディミタール・ベルバトフに期待が寄せられている。ミュンヘンで右足首を負傷し、1カ月ほど戦列を離れるルーニーは、ここまでクラブ最多の34得点をマーク。2位のベルバトフは先週末のボルトン戦で2点を挙げて、通算得点数をようやく12としたところだが、今こそ彼の出番と見られている。DFネマニャ・ヴィディッチは、彼が期待に応えてくれるだろうと語った。「ウェインがずば抜けているのは分かっている。彼はバイエルン戦でも得点を挙げた。彼は世界最高の選手の一人だ。でもベルバもボルトン戦で見事なパフォーマンスを見せた。今シーズンはチームとしても団結してプレーできてる。自分、そしてお互いの力を信じることが必要だ」
ニール・カスティス記者、ザ・サン紙

バイエルン・ミュンヘンのルイ・ファン・ハール監督は、ルーニーのケガが深刻なものでないことを願っている。一方ナーニは、試合後にルーニーのつらさを代弁した。「ロッカールームでの彼は、本当に落ち込んでいた。気の毒に思ったよ。まさに衝撃的なサッカーを見せていたから、彼の不在は非常に痛い」

3日のリーグの頂上決戦を前に、チェルシーも故障者問題を抱えている。デイリー・ミラー紙は、ディディエ・ドログバが軽傷により2日間、練習を休んでいると伝えている。

ベンフィカのアンヘル・ディ・マリーアは、ユナイテッドへの移籍の噂を一蹴し、ヨーロッパリーグでリヴァプールを敗退させることだけを考えている。ファーガソン監督は、移籍金4000万ポンド(約56億9200万円)のディ・マリーアに昨年の夏から目をつけている。

ページ 1 / 2 次へ »