登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
07 April 2010 
ページ 1 / 2 次へ » 

新聞:ロッベン、過去に悔いなし

ロッベン「ファーガソン監督に実力を見せたい」
バイエルンのアルイェン・ロッベンは、かつてユナイテッドへの加入を取りやめた自らの決断に後悔はないと語り、今回の対戦でアレックス・ファーガソン監督に、あの時いかに惜しいことをしたか示したいと抱負を述べた。オランダ代表ウィンガーは、PSVに所属していた2004年、父親と一緒にユナイテッドの練習場を見学に訪れた。当時、ロッベンは、移籍金800万ポンド(約11億3800万円)でユナイテッドに加入間近と見られていたが、最後の最後になって1200万ポンド(約17億1000万円)を提示したチェルシーと契約。ロッベンは、スタンフォード・ブリッジでの3年間で2度のリーグ優勝、2度のリーグカップと1度のFAカップ制覇を果たしたのち、レアル・マドリーを経てバイエルンに移籍した。アリアンツ・アレーナでの第1戦は、ふくらはぎの負傷で欠場したが、第2戦ではフランク・リベリーと共に両翼からユナイテッドを苦しめようと意気込んでいる。ロッベンは言う。「ここまでのキャリアには満足している。ユナイテッドに入団しなかったことを後悔したことはない。チェルシーで素晴らしい時間を過ごしたからね。その証拠に、すぐにイングランドを離れようとはしなかった」
リチャード・タナー記者、デイリー・エクスプレス紙

「ルーニーがこの試合でベンチ入りすることはないと思うが、彼が私を説得しに来る可能性はある」とファーガソン監督がコメントしたため、多くの新聞が、いまだにウェイン・ルーニーが今夜の試合でベンチ入りするのではないかと見ている。

一方、ザ・ガーディアン紙のダニエル・テイラー記者は、「年齢差があるからといって、フランク・リベリーのほうがガリー・ネヴィルより足が速いかどうかは分からない」という、ファーガソン監督の別のコメントをピックアップ。監督は、リベリーの脅威を認識しながらも、ネヴィルの経験をもってすればフランス人ウィンガーを抑えられると信じている。

また、デイリー・メール紙のマーティン・サミュエル記者は、ファーガソン監督がいつ指揮官の座を退くのか質問を投げかけている。同記者は、引退をあまり

ページ 1 / 2 次へ »