登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
22 April 2010 
ページ 1 / 2 次へ » 

新聞:リオとブラウンが復帰へ

リオとブラウンが復帰へ
リオ・ファーディナンドとウェズ・ブラウンが24日のトッテナム戦で復帰する予定。そけい部の故障で17日のマンチェスター・シティー戦を欠場したファーディナンドは、全体練習に参加しており、スパーズ戦では先発出場する見通し。一方、3月6日のウルブス戦で中足骨を骨折して以降、戦列を離れているブラウンも完全復帰し、メンバーに名を連ねる見込み。ユナイテッドはスパーズを下せば、25日にストークと試合を行うチェルシーをかわし、暫定首位に立つことができる。
デイヴィッド・マクドネル記者、ミラー紙

他の各紙によると、ウェズ・ブラウンはまだ軽めの練習をこなしているだけで、全体練習への復帰は来週になるという。

『デイリー・エクスプレス』紙は、ユナイテッドが2000万ポンド(約28億7000万円)でトッテナムのギャレス・ベイルを狙っていると伝えた。

現役時代は主にアーセナルでプレーしたマーティン・キーオンが、元ユナイテッドのルート・ファン・ニステルローイについて、『デイリー・メール』紙に以下のように語った。「私が対戦した中で最高のストライカーの一人に入るが、いつもファウルをもらうチャンスをうかがっていたので、イライラしていたよ」。そういえば、2003年にユナイテッドとアーセナルがスコアレスドローに終わった試合では、ファン・ニステルローイがPKを失敗したさい、キーオンが詰め寄って、罵声を浴びせたことがあった。

またユナイテッドは、米『フォーブス』誌が発表した世界のサッカークラブの資産価値ランキングで、レアル・マドリーを抑え、1位になった。

ページ 1 / 2 次へ »