登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
25 September 2009 
ページ 1 / 2 次へ » 

新聞:ロナウドのユナイテッド愛

ユナイテッドを愛している
マンチェスター・ユナイテッドを退団したクリスチアーノ・ロナウドだが、今もユナイテッドの試合をテレビ観戦し、同郷のナーニを応援しているという。6年間をオールド・トラッフォードで過ごし、今夏8000万ポンド(約115億6000万円)という記録的な移籍金でレアル・マドリーに移籍したロナウドが、変わらないユナイテッド愛を明らかにした。

「ユナイテッドの試合は毎試合テレビで見るようにしているよ」と、ロナウドは言う。「オールド・トラッフォードで何が起こっているのかを、今も知っていたいんだ。今の僕はレアル・マドリーの選手だけれど、ユナイテッドの勝利を知るといつもうれしくなるよ。ナーニが昨シーズンよりもたくさんの試合に出場しているね。彼にとっては良いことだよ。大きな力になると思う。彼は試合に出場するチャンスを得た。後は、ファンにどれほど自分が素晴らしい選手なのかを見せ付けるだけだよ」
― デイヴィッド・マクダネル記者、ザ・ミラー紙

ザ・サン紙のショーン・カスティス記者は、20日のマンチェスター・ダービーの続報を報じている。同紙によると、審判が“ヘア・ドライヤー(すぐカッとなるという意味の例え)”として有名なアレックス・ファーガソン監督を恐れてロスタイムを延長したのだとスティーヴ・ブルース監督はコメントしたようだ。

ユナイテッドの若きダニー・ウェルベックマイケル・オーウェンに惜しみない称賛を送っている。「オーウェンの動きからは学ぶことが山ほどあるんだ。信じられない動きをする選手だよ。僕は彼がコーナー付近にいることしか分からなかったのに、彼は僕が次にどこへ行こうとしているか分かっていたんだ」

ページ 1 / 2 次へ »