登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
22 September 2009 
ページ 1 / 2 次へ » 

新聞:オーウェンへのご褒美

ウォルヴァーハンプトン戦に向けて準備するオーウェン
マイケル・オーウェンは20日のマンチェスター・シティー戦で決勝ゴールを挙げ、ユナイテッドにとって貴重な戦力であることを見事に証明した。ロスタイム6分という、まさに終了間際に生まれたオーウェンの決勝ゴールにより、ユナイテッドは152回目のマンチェスター・ダービーを4-3で勝利した。アレックス・ファーガソン監督は、今夏にニューカッスルより移籍金なしでユナイテッドに加入したオーウェンの起用には慎重な姿勢を示しており、先発で起用したのはわずかに1試合。しかし、ファーガソン監督は23日に行われるカーリングカップのウォルヴァーハンプトン戦でオーウェンを先発で起用することを決断した模様。ダニー・ウェルベックかフェデリコ・マケダとコンビを組むものと見られている。
― マーク・オグデン記者、デイリー・テレグラフ紙

マンチェスター・ダービーで不適切な行動をとったガリー・ネヴィルが1試合の出場停止処分を受ける可能性があると、多くの新聞が報じている。ネヴィルは試合終了後、マンチェスター・シティーのファンを挑発するような喜び方をしていた。一方、ファンに暴行を加えたマンチェスター・シティーのクレイグ・ベラミーには3試合の出場停止処分が下る可能性があると報じられている。

一方、ユナイテッドがイタリア人の若手選手であるミケーレ・フォルナシエール獲得に関して訴えられた件で、この訴えを起こしたフィオレンティーナの証拠提出が不十分であったため、国際サッカー連盟(FIFA)がユナイテッドの調査に乗り出すことはないだろうと各紙が報じている。

ファーガソン監督が21日に、ボビー・ロブソンの追悼式典に出席した様子も各紙で報じられている。ファーガソン監督は大きな敬意を評して、偉大なる友人であるロブソンとの別れを惜しんでいた。

ページ 1 / 2 次へ »