登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
01 September 2009 

新聞:表面化した問題

選手は非を認めるべき
かつて主審を務めていたグレアム・ポールが選手たちのダイビング問題についての記事を掲載した。
選手のダイビングは、プレミアリーグ開幕直前から問題視されていた。そして、アレックス・ファーガソン監督もこの問題について、リーグ開幕直前に見解を述べていた。「審判を欺く行為を働く選手たちは、試合を台無しにする」と、ファーガソン監督は語っている。そして、その発言は正しかった。各クラブともリーグ戦の数試合を戦い終えた段階で、審判を欺く行為を働いている選手たちが後を絶たない。タイトルを獲得したい、成功したいという欲望が、選手たちをこのような行為に向かわせている。だが、不正な行為を行っている選手を見つけることができない審判を責めることは意味の無いことだ。長年に渡って懸念されていた問題が、現在はすぐ目の前に迫っている。関係者は問題があることを認め、力を合わせて改善に努めなければ、解決することはないだろう。
― グラハム・ポール、デイリー・メール紙

インターナショナルウィークを迎え、ユナイテッドに関する記事が多くのタブロイド紙の紙面を飾っている。ザ・サン紙ではウェイン・ルーニーが今後もオールド・トラッフォードに残ってプレーするというコメントが掲載された。「ユナイテッドが大好きだといつも言っている。必要とされている限り、ユナイテッドでプレーするよ。移籍する理由なんてないよ」

インディペンデント紙では、マッチデー・プログラム『ユナイテッド・レビュー』に掲載されているファーガソン監督のコラムにある、オーウェン・ハーグリーヴスに関するコメントが引用されている。「ハーグリーヴスにとって、サッカーの感覚を取り戻すことが大変だろう。ただ、ハーグリーヴスのコンディションは良い。スタミナも問題ない。後は、復帰するタイミングを見極めなければいけない。1年以上も戦列を離れていた選手を、いきなりピッチに放り込むようなことはしないよ」

Round up by Nick Coppack