登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
28 September 2009 
ページ 1 / 2 次へ » 

新聞:ベテラン勢の活躍

ベテランが首位に導く
私の隣にいた男性は、この試合を「2-0の完敗だ」と叫んでいた。確かにストークに、マンチェスター・ユナイテッドの攻撃を防ぐ手立てはなかった。ユナイテッドは気品に溢れ、その中でもポール・スコールズとライアン・ギグスは特別な存在だった。ただ、ホームチームであるストークがひどい状態だったことも確かだ。基本的な技術が足りない場面があり、野心とプレーの意図も感じられなかった。いったい、競争力の高いプレミアリーグに何が起こったのか? 誰もがそのことについて語り合っている。バーンリーはトッテナムに0-5で敗れ、ハルはアンフィールドで6失点を喫した。ただ、(チェルシーに勝利した)ウィガンには感謝したい。ユナイテッドの選手たちは、ブリタニア・スタジアムを訪れた数千のファンと共に、試合結果に期待し、その心は希望に満ち溢れていた。今シーズン、ストークはホームでの試合に強く、チェルシーには惜しくも敗れたが、その他の試合では勝利を収めていた。しかし、ユナイテッドとの試合では何もできなかった。
― イアン・レディーマン、デイリー・メール紙

ザ・サン紙は、ブリタニア・スタジアムでの試合で期待外れの結果に終わったナーニが、友人であるクリスチアーノ・ロナウドに助言を求めるのではないかと主張している。「クリスチアーノとはよく話すよ」とナーニが語った記事が掲載されている。「僕らは自分たちの試合について話し合うんだ。そして、彼はいつも僕に自信を与えてくれる」

ロナウドと言えば、デイリー・メール紙が特集記事を組み、スペインリーグのシーズン終了後にロナウドが得点王に輝くことだろうとしたアレックス・ファーガソン監督のコメントを引用している。

また、リオ・ファーディナンドポール・スコールズ、そしてエドウィン・ファン・デル・サールが受講しているUEFAのコーチング・ライセンスを得るためのコースに、ウェイン・ルーニーが加わるであろうことも報じられた。

Round up by Gemma Thompson

ページ 1 / 2 次へ »