登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
10 September 2009 
ページ 1 / 2 次へ » 

新聞:若手選手獲得問題は続く

フィオレンティーナがFIFAに調査を依頼
イタリア人のミケーレ・フォルナシエール獲得に関して問題となる行為がなかったと、マンチェスター・ユナイテッドは自信を見せている。フォルナシエールが以前所属していたフィオレンティーナは、フォルナシエールの移籍に関し、国際サッカー連盟(FIFA)に不服を訴えている。イタリアでは17歳以下の選手とのプロ契約が認められていないため、フォルナシエール獲得には何の問題もなかったと、ユナイテッドは主張している。しかし、フィオレンティーナ側は将来が見込まれていたフォルナシエールを獲得したユナイテッドに激怒している。FIFAのスポークスマンは以下のように語った。「ミケーレ・フォルナシエールの移籍の件に関して、フィオレンティーナから調査を依頼された。しかし、必要な書類が揃っていないため、現状正式な調査は行われてはいない。今後調査を行うかについては、書類が揃ってから検討することになる」
― スタッフ・レポーター、ザ・サン紙

数日前、チェルシーに対して選手獲得禁止処分が課されたが、FIFAのゼップ・ブラッター会長は、今後選手の移籍に関して違反を行ったチームに対し、勝ち点の剥奪という処分を提案している。「罰は効果的なものでなくてはならない。勝ち点の剥奪という厳しい罰則を設ければ、若手選手の強奪は自然となくなっていくだろう」

ワールドカップ最終予選が行われた後、オランダ代表に敗れ、ワールドカップ出場の可能性がなくなったスコットランド代表のキャプテン、ダレン・フレッチャーがチームの現状を嘆いた。「選手達は全員、自らを見直さなくてはならない。W杯出場に値するプレーができていたとは言えなかった」

一方で、ザ・デイリー・スター紙は、オフィシャルマガジン『インサイド・ユナイテッド』に掲載されているアレックス・ファーガソン監督のインタビューに注目している。監督はインタビューの中で、新加入のガブリエル・オベルタンについて、1年半苦しんだ背中の負傷は完治しつつあると語っていた。

ページ 1 / 2 次へ »