登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
04 September 2009 
ページ 1 / 2 次へ » 

新聞:新リーダーはルーニー

ルーニーの時代へ
ウェイン・ルーニーの肩には2つの非常に大きな重荷がかけられている。1つ目は、世界最大のクラブであるマンチェスター・ユナイテッドにおいて、世界最高のプレーヤーとして活躍していたクリスチアーノ・ロナウド退団後の穴を埋めなければならないことだ。そしてもう1つは、世界一となった過去を持ちながらも低迷が続いているイングランド代表に火をつけ、南アフリカワールドカップでの成功へ導くゴールを挙げることも、ルーニーは期待されている。ようこそ、ルーニーの時代へ。彼はいち早く今シーズンをキャリアの中で最も重要なシーズンの1つになると位置づけた。しかし、だからといって彼が焦りを感じることはない。16歳の時にエヴァートンでデビューして以来、ルーニーは常に大きな期待や過剰なメディアへの露出にさらされていた。「期待もプレッシャーもあるけど、特に問題ないよ。これは挑戦だと思っている」と、ルーニーは語っている。
― マット・バルロー記者、デイリー・メール紙

ガエル・カクタの獲得に関する問題でチェルシーがFIFAから1年半の選手獲得禁止処分を受けたことについて、ザ・メール紙は、ル・アーヴル(フランスリーグ2部に相当)のポール・ポグバ獲得についてユナイテッドにも同様のトラブルは起こりうるとの見解を示した。クラブのスポークスマンは、この記事を否定して次のように語っている。「すべてはFIFAのガイドラインに則って行われた」

アルセーヌ・ヴェンゲル監督を侮辱するチャントの廃止について、シーズン最初のユナイテッドファンによる討論会で話し合われるだろう。

ジョージ・バーリー現スコットランド代表監督の就任が決まるまでの暫定的な監督就任のオファーがアレックス・ファーガソン監督に届いていたが、監督はそれを断っていたという記事をザ・ガーディアン紙は掲載している。

ページ 1 / 2 次へ »