登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
02 September 2009 
ページ 1 / 2 次へ » 

新聞:やあ、巨額出費者たち

移籍市場は690億円で終了
プレミアリーグのクラブが巨額を投じた今夏の移籍市場は、1日夜に終了した。プレミアリーグのクラブが投じた額は、昨年を4500万ポンド(約67億円)上回る4億6070万ポンド(約690億円)となった。大金を費やしたマンチェスター・シティーはその4分の1を締め、彼らがこの夏に費やした額は何と1万1700ポンド(約175億円)に上る。しかし、シティーもビッグ4も最終日には誰も獲得しなかった。
ポール・ジギンズ記者、ザ・サン紙

ザ・サン紙アレックス・ファーガソン監督とアルセーヌ・ヴェンゲル監督が「ケチ」だと報じている。グレーザー一家が買収して以降、ユナイテッドが選手獲得に費やした額が625万ポンド(約9億4000万円)しかないと主張(それからはクリスチアーノ・ロナウドの世界最高となる8000万ポンド[約120億円]という移籍金が差し引かれていることを忘れてはならない)。また、ヴェンゲルは同じ期間で3000万ポンド(約45億円)を費やしている。一方、マンチェスター・シティーのマーク・ヒューズ監督は2億3240万ポンド(約349億円)、チェルシーは9750万ポンド(約146億円)、リヴァプールのラファエル・ベニーテス監督は8840万ポンド(約132億7000万円)を費やしている。しかし、チームが成功を収めるためには、ただ多額の金銭を費やせばいいというわけではないと論じることができる。

さらにザ・サン紙によれば、元ユナイテッドのブライアン・キッドが、将来に関してジレンマに直面しているという。選手やアシスタント・マネージャーとしてユナイテッドに所属したキッドは、バーンリーから監督就任のオファーを受けていると同時に、マーク・ヒューズからマンチェスター・シティーのユースチームを率いるよう求められているようだ。

その他、E.Onが今シーズンいっぱいでFAカップのスポンサーを降りると報じられている。

ページ 1 / 2 次へ »