登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
24 September 2009 
ページ 1 / 2 次へ » 

新聞:ハーグリーヴスの復帰は?

ハーグリーヴスが復帰
約1年前に行ったひざの手術の影響で、オーウェン・ハーグリーヴスの復帰は長引いた。そのハーグリーヴスが、アメリカでのリハビリを担当した理学療法士を連れ添って、カーリントンに戻ってきた。ハーグリーヴスは長期間に渡り腱炎に悩まされていたため、昨シーズン序盤、外科の世界的名医であるリチャード・ステッドマン医師のもとを訪れていた。現在、理学療法士とユナイテッドの医療スタッフは密な関係を築き、ハーグリーヴスの復帰に向けて働いている。しかし、アレックス・ファーガソン監督は11月下旬までハーグリーヴスを起用するつもりはないようだ。
― スタッフ・ライター、ザ・サン紙

23日のカーリングカップ3回戦で、ユナイテッドは10人での戦いを強いられたが、ダニー・ウェルベックが決勝ゴールを決めた。各紙とも、ウェルベックがゴール後に見せたウサイン・ボルトのようなパフォーマンスについて取り上げている。また、ザ・サン紙は、ゴールを演出したウェルベックとマイケル・オーウェンのワンツーを「目がくらむようだ」と形容した。

ザ・タイムズ紙では、「ユナイテッドは、リオ・ファーディナンドの慢性的なけがを心配している」という記事が掲載された。同紙は、ユナイテッドとイングランド代表が行った52試合のうち、ファーディナンドは30試合を欠場していると主張した。

ガリー・ネヴィルは、サッカー選手たちが自分たちに相応しい報酬を得ていると考えているようだ。選手たちは金に目が眩んでいると考えている人が多いかもしれないが、ネヴィルは以下のように語っている。「建築家も仕事を辞めて、ケータリングのレストランで働いたりしている。それが人生だ。みんな、より良い賃金を求めているんだよ。銀行のような企業で働ければ、サッカー選手より多くの賃金を得られるのかい?」。ネヴィルはユナイテッドを去る気がないだろう。「移籍する必要などない。ユナイテッドは最高のクラブなんだ」。

ページ 1 / 2 次へ »