登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
03 September 2009 

新聞:エヴァンス出場へ

エヴァンス出場へ
負傷中のジョニー・エヴァンスは、アレックス・ファーガソン監督の怒りを買ってでも、北アイルランド代表としてワールドカップ予選に出場するつもりだ。エヴァンスは足首に厄介なけがを負い、手術を必要としている。しかし、5日と9日に行われるワールドカップ予選が終わるまで、手術を行わないという決断を下した。

エヴァンスは、ユナイテッドが勝利を収めたアーセナル戦を負傷の影響で欠場したが、5日に行われるポーランド戦と9日に行われるスロヴァキア戦に出場すれば、患部の状態はさらに悪化する可能性がある。

しかし、エヴァンスは北アイルランド代表がワールドカップに出場する可能性を残すため、強行出場するつもりだ。だが、すでに守備の要であるリオ・ファーディナンドを負傷の影響で起用できないファーガソン監督は、エヴァンスの行動に感心していない。

一方、北アイルランド代表のワージントン監督は約四半世紀ぶりとなるW杯出場を目指す同代表にとって、非常に重要となる2つの試合にエヴァンスを起用できることを喜んでいる。

「エヴァンスは電話で、手術の必要があることを私に告げてきた。しかし、次の2試合に出場する意欲を示してくれた。先ずは彼の状態を見てみたい」とワージントン監督は語った。「それは私にとって素晴らしいことであり、彼を試合で起用できるのはチームにとっても望ましいことだ。また、彼は今回の試合の重要性を理解していることも素晴らしい」
― デイヴィッド・アンダーソン記者、デイリー・ミラー紙

その他では、オーウェン・ハーグリーヴスがチャンピオンズリーグのメンバーに登録されたことをザ・サン紙が報じている。同紙はCSKAモスクワとの連戦が続く10月、11月辺りに復帰するのではないかと主張している。

Round up by Nick Coppack

【注目記事】
ルーニーはチャールトンを越せる
最大のライバルは?
代表での活躍を祈る監督
CLの登録リスト発表