登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
14 September 2009 
ページ 1 / 2 次へ » 

新聞:監督が主審に激怒

監督がスコールズの退場に疑問
12日にホワイト・ハート・レーンで行われ、ユナイテッドが3-1で勝利したトッテナム戦で、ポール・スコールズに退場処分を下したアンドレ・マリナー主審をアレックス・ファーガソン監督が非難した。元イングランド代表のスコールズは、この試合で2枚のイエローカードを提示され、20日に行われるマンチェスター・シティー戦に出場することができなくなった。しかし、スコールズが退場処分を受けたのは、プレーのせいではなく、彼の評判によるものだと監督は語っている。監督は激怒し、次のように語った。「ばかげた判定だった。スコールズが退場処分を受けたのは、彼がポール・スコールズだったからだ。それだけの理由だ」。トッテナム戦の50分、ジャーメイン・デフォーを倒した際に、スコールズは1枚目のイエローカードを提示された。そしてその9分後、トム・ハドルストーンと交錯した際に、スコールズは2枚目のイエローカードを受け、退場処分となった。
― パット・シーハン記者、ザ・サン紙

一方、この試合で最高のパフォーマンスを見せたMFダレン・フレッチャーが、各紙で絶賛されている。ザ・ミラー紙では、ジェイミー・レドナップがフレッチャーについて「恐るべきフレッチャー」とコメントした記事が掲載された。また、ザ・サン紙ではスティーヴ・ハワードが「フレッチャーはまばゆい才能の持ち主」と述べている。

ザ・タイムズ紙ではトニー・カスカリーノが、トッテナム戦を受けて次のように語っている。「4-4-2のユナイテッドがトッテナムに完勝した。ディミタール・ベルバトフとウェイン・ルーニーがこれほどまでに能力を発揮している今、アレックス・ファーガソン監督が他のフォーメーションを選択する理由はないだろう」

Round up by Nick Coppack

ページ 1 / 2 次へ »