登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
30 October 2009 

新聞:トッテナムがリオに注目

シーズン終了後のファーディナンド獲得をレドナップが画策
トッテナムのハリー・レドナップ監督は、クラブと代表で辛い2ヶ月間を過ごしたリオ・ファーディナンドを、来夏に獲得しようと考えている。マンチェスター・ユナイテッドのDFは、リヴァプールに0-2で敗れた25日の試合で、フェルナンド・トーレスを抑えきれず、11月1日に行われるブラックバーン戦の招集メンバーからも外れた。スポーツメールは、ユナイテッドのアレックス・ファーガソン監督が、エヴァートンに所属する18歳のユーティリティー・プレイヤー、ジャック・ロドウェルに目をつけていることを明らかにしている。また、北アイルランド代表DFジョニー・エヴァンスがユナイテッドのファーストチームにデビューしてからというもの、7年前にユナイテッドの一員となって以降、長きに渡って安泰とされてきたファーディナンドの地位が、初めて脅かされている。ファーガソン監督は、ロドウェルの成長を見守っており、ユナイテッドのスタッフにロドウェルのパーソナリティーと、彼の可能性に関するレポートを求めたようだ。今年の2月にエヴァートンと5年間の契約を結んだロドウェルには、チェルシーやリヴァプールも注目している。守備的MFとしてその名を知られたロドウェルだが、将来的には優秀なセンターバックに成長する可能性があると考えられている。
ー イアン・レディーマン、デイリー・メール紙

また、デイリー・メール紙は、ミドルスブラの新監督に就任するゴードン・ストラカンが、ユナイテッドのフェデリコ・マケダのレンタル移籍を画策しているとも報じている。

その一方で、シーズン半ばに行われる国際親善試合を、「晴れた日の旅行」と大差ないと断言したファーガソン監督の主張が、大きな関心を集めている。

Round up by Steve Bartram