登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
27 October 2009 
ページ 1 / 2 次へ » 

新聞:リオにプレッシャーが?

リオ、試練の時
選手としてのベストを過ぎたリオ・ファーディナンドに、アレックス・ファーガソン監督の大なたが振り下ろされようとしている。30歳のファーディナンドは、25日にユナイテッドがアンフィールドにおいて0-2でリヴァプールに敗れた試合で、フェルナンド・トーレスに先制ゴールを許してしまった。しかし、ファーディナンドの力が及ばなかったのは、この1回限りではない。現在、クラブの経営陣はファーディナンドがベストの状態を取り戻せないのではないかと危惧している。変化はすぐに訪れるだろう。31日のブラックバーン戦で、アレックス・ファーガソン監督にはネマニャ・ヴィディッチとのコンビをジョニー・エヴァンスに組ませる準備ができている。
― ニール・カスティス記者、ザ・サン紙

ザ・サン紙によると、ユナイテッドはビジャレアルのGKディエゴ・ロペスを移籍金1500万ポンド(約22億5000万円)で獲得するのではないかと報じている。

27日に行われるカーリングカップのバーンズリー戦は厳しいものになるだろうとウェズ・ブラウンは警戒を強めている。「小さなスタジアムで行う試合は、それだけで大きな違いがあるんだ。彼らは勢いよく攻撃を仕掛けてくるだろう。油断できないよ」

バーンズリーのマーク・ロビンス監督は、1990年1月にユナイテッドに選手として在籍していた当時、FAカップ3回戦でノッティンガム・フォレスト相手に決勝点を決めたことで、自身がアレックス・ファーガソン監督の首を繋ぎとめたと確信しているようだ。しかし、ロビンス監督によると、これまでそのことについては一度もファーガソン監督から感謝されたことがないという。

アレックス・ファーガソン監督がアラン・ワイリー主審に対する暴言の罪を認めたと、ザ・デイリー・メール紙は報じている。

ページ 1 / 2 次へ »