登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
26 October 2009 
ページ 1 / 2 次へ » 

新聞:ロナウドが恋しい

ナーニとバレンシアの評価は上がらず
25日、アレックス・ファーガソン監督は退屈な演説を行った。リヴァプールはユナイテッドより強い、勝利に値するチームだったと監督は言った。さらに監督は、昨シーズンも同じスピーチを行ったが、ユナイテッドが優勝したとも語った。昨シーズン、監督が常にメンバーの第一候補に挙げていた選手は、今やレアル・マドリーの選手になってしまった。クリスチアーノ・ロナウドの退団は、いまだにユナイテッドにとっての大問題なのだ。アントニオ・バレンシアは、将来有望なシーズン序盤を送っているが、ロナウドの代わりとはいかない。ナーニの成長もまだ不明だ。足下に素晴らしい才能を持っているナーニは、もう少し安定して、自分の思うプレーを再現できるようにならなくてはならない。今シーズン、ユナイテッドが別格のチームに見えたのはトッテナム戦だけだった。また、チャンピオンズリーグのグループリーグから読み取れることは非常に少ない。グループBの戦力は二極化しており、注意が必要なのはヴォルフスブルクだけだからだ。
― ケヴィン・ガーサイド記者、ザ・テレグラフ紙

ザ・ミラー紙では、スタン・コリモアがネマニャ・ヴィディッチを“今週末の悪者”に挙げていた。彼の、最近のリヴァプール戦での3試合連続退場が決め手になったという。

2月に、自宅にナイフを持った強盗が侵入したダレン・フレッチャーが、チェシャーにあるセキュリティ完備の250万ポンド(約3億7500万円)の大邸宅に引っ越したと、ザ・デイリー・スター紙のジェリー・ロートン記者は報じている。記事によると、夜間の動きを記録できる、10万ポンド(約1500万円)の赤外線カメラが配備されているとのことだ。また、緊急時のための秘密の避難路が確保されており、厳重に柵が張り巡らされていると、同紙は伝えている。

25日のアンフィールドでの敗戦後に発せられた、アレックス・ファーガソン監督のアンドレ・マリナー主審に対するコメントを多くの新聞が掲載している。監督は、主審がホームの雰囲気に飲まれてしまっていたと感じているようだ。

ページ 1 / 2 次へ »