登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
19 October 2009 
ページ 1 / 2 次へ » 

新聞:毅然としたオーウェン

オーウェンは、アンフィールドで敵対的な歓迎を受けると予想
マイケル・オーウェンは、ユナイテッドの選手としてリヴァプールと対戦する25日の試合で、リヴァプールのファンから敵対的な歓迎を受けることを覚悟している。しかし、プロとしてのキャリアをスタートさせたクラブにとって、最大のライバルとも言えるチームに加入したことで、リヴァプールの威信に傷をつけたとは思わないと主張した。オーウェンは、自身がユナイテッドに忠誠を誓ったことを、アンフィールドの多くのサポーターが許さないと思っている。しかし、それが背信行為だと言われることには納得していない。そして、そのことを明らかにするためにも、日曜日の試合で得点した場合には、いつも通りのパフォーマンスを披露する予定だと語っている。「僕もただの人間なんだ」と、オーウェンは語った。「ライバルチームに移籍した選手たちが、その前に所属していたチームや、サポーターのために何をしてきたのかを考えてもらいたい。ただ、僕はかなり現実的だからね。今、僕は彼らのライバルチームでプレーしているけど、リヴァプール相手に手加減するつもりはないよ。多くの人が、フットボールにおける忠誠に関する話をする。しかし、サポーターがそういった話をするのは、簡単なことなんだ。父や兄弟、そして息子として、僕は自分に忠実に生きてきた。もし、あなたが選手だったとしたらどうだろう。僕は生計を立て、家族を養わなければならいんだ」
― ダニエル・テイラー、ガーディアン紙

ガーディアン紙はその一方で、アレックス・ファーガソン監督が25日のリヴァプール戦を万全な状態で迎えるため、ライアン・ギグスウェイン・ルーニーパトリス・エヴラネマニャ・ヴィディッチ、そしてダレン・フレッチャーを、22日に行われるチャンピオンズリーグのCSKAモスクワ戦のメンバーに含めないのではないかと主張している。

その他のニュースでは、サンダーランド戦におけるアラン・ワイリー主審のパフォーマンスに関するファーガソン監督のコメントが要因となり、同監督に5試合のベンチ入り禁止処分が下されるのではないかと、デイリー・メール紙が報じている。

ページ 1 / 2 次へ »