登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
09 October 2009 
ページ 1 / 2 次へ » 

新聞:オーウェンが代表を語る

オーウェン「カペッロ監督の冷遇は気にならない」
イングランド代表から遠ざかっているオーウェンだが、そのことは気にならないと、本人は語っている。ファビオ・カペッロ監督率いるイングランド代表に、オーウェンは14ヶ月もの間招集されていない。そして、10日に行われるウクライナ代表との試合に向けたチームに招集されなかったオーウェンの反応は、彼が来年行われるワールドカップへの出場を諦めていることを示唆している。29歳のオーウェンは、次のように語った。「イングランド代表は、人生のほんの一部だ。僕は今、最高のチームでプレーしている。最高の栄光を求めてね。僕らがこれから何を成し遂げられるのか、楽しみだよ。あと僕ができることと言ったら、なぜ僕が代表に選ばれるべきなのか、その理由をシーズンの始めから振り返って全て並べることくらいだ。だけど、それを考えるために徹夜したいとは思わない」
― デイヴィッド・フェイシー記者、ザ・サン紙

ザ・サン紙では、ウェイン・ルーニーのインタビューが掲載されている。この中でルーニーは、2006年のワールドカップでクリスチアーノ・ロナウド擁するポルトガル代表と対戦した際の退場が、多くの批判を呼ぶことがなかったのはラッキーだったと語っている。

英国では、新聞各紙がルーニーのコメントを掲載している。彼は、来年のワールドカップの決勝トーナメントでポルトガル代表と当たることがあっても構わないと語っている。「ポルトガル代表と対戦することになったら面白いね。2006年のワールドカップ、そしてユーロ2004でも、イングランド代表を大会から消したのはポルトガル代表だからね!」

また、ザ・ガーディアン紙のケヴィン・マッカラ記者は、ルーニーのコンディションが過去最高だと語っている。

リオ・ファーディナンドエドウィン・ファン・デル・サールの2人が、11月26日に英国の人気料理番組“ヘルズ・キッチン”に出演する。これは、ファーディナンドが主催する“ライブ・

ページ 1 / 2 次へ »