登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
23 October 2009 
ページ 1 / 2 次へ » 

新聞:タイトルを好むネヴィル

僕はリヴァプールに負けても気にしない
ガリー・ネヴィルは、リヴァプールにダブルを喫したとしても、それがマンチェスター・ユナイテッドのタイトル(プレミアリーグ)獲得を意味するものならば、十分に満足できるだろう。ユナイテッドは昨シーズン、ホーム、アウェイともにリヴァプールに敗れたが、結局は彼らを勝ち点で上回り、トロフィーを掲げた。25日、アンフィールドで昔からのライバルが激突するが、リヴァプールのラファエル・ベニテス監督は、大きなプレッシャーにも対峙しなければいけない。勝利を渇望しているネヴィルだが、タイトルをユナイテッドが保持している限り、ベニテスを恐れはしない。彼は以下のように述べた。「リヴァプールは昨シーズン、僕たちを2回に渡って倒したかも知れない。だけど、僕たちにリベンジという気持ちはないよ。僕はリヴァプールに勝ってタイトルなしで終わるよりも、リヴァプールに負けてリーグタイトルを獲得するほうが良いからね」
― ザ・サン紙、ニール・カスティス記者

ザ・テレグラフ紙のジム・ホワイト記者は、2009年のスポーツ・パーソナリティー・オブ・ザ・イヤーが、ライアン・ギグスに与えられるよう動いている。彼は次のように主張した。「ギグスは、ジェンソン・バトンが一周を回るくらい簡単にチームに勢いを与えることができるのかもしれない。クリスチアーノ・ロナウドのレアル・マドリー移籍によって、ギグスはイングランドを代表するチームで創造性の中核を担うようになった。来月には36歳になるギグスだが、彼の妙技に衰えは全く見られない。彼の年齢のスター選手たちの大部分は、すでに引退している選手がほとんどであるのにも関わらず」

また、デイリー・メールのジョン・エドワーズ記者によると、ペペ・レイナにはビーチボール事件が繰り返される心配はすでにないという。「リヴァプールのセキュリティースタッフは、風船やビーチボールが膨らまされているのを見かけたら素早く対応するよう命じられた。アンドレ・マリナー主審はどんな状況にも注意を払うだろうし、アンフィールドのアウェイスタンドに何か膨らませるものをこっそり持ち込もうとするユナイテッドファンにも気を配っているはずだ」

Round up by Matt Nichols
ページ 1 / 2 次へ »