登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
06 October 2009 
ページ 1 / 2 次へ » 

新聞:リヴァプール戦軽視

エヴラはリヴァプール戦を軽視
パトリス・エヴラはアンフィールドでのリヴァプール戦の勝利以上に、チェルシーとのアウェー戦で勝利することの方が重要になってくると、リヴァプールに対して侮辱とも取れる発言を残した。ユナイテッドは11月8日にスタンフォード・ブリッジでチェルシーと対戦するが、そのチェルシー戦の2週間前にリヴァプールと対戦するのだ。アレックス・ファーガソン監督はリヴァプールとの対戦が最も重要な試合になってくるだろうと予想しているが、エヴラは4日の試合でチェルシーがリヴァプールに対して2-0の勝利を収めた後、次のように話した。「チェルシーのホームで勝利できることを、いつも願っているんだ。仮に勝利できれば、優勝を争う他のライバルに対して強烈なメッセージを送ることになるからね。もちろん、このチェルシー戦以外にも重要な試合はあるよ。リヴァプール戦がそうだね。咋シーズンはオールド・トラッフォードで1-4の大敗を喫してしまった。だから、リヴァプール戦は良いプレーをする必要があるんだ。でも、最も重要な試合はどれかと言われれば、アウェーでのチェルシー戦を挙げるよ」
― スポーツスタッフ、ザ・サン紙

以上のことをエヴラは『インサイド・ユナイテッド』で語った。

多くの新聞は、3日のサンダーランド戦でアラン・ワイリー主審に対してアレックス・ファーガソン監督が行った侮辱的な発言について報じている。この件に関してFA(イングランドサッカー協会)は、ファーガソン監督に対し、その発言の真意を求めるべく手紙を送ったと報じている。憶測ではファーガソン監督に罰金もしくは、ベンチ入り禁止という処分が下されると予想されている。

デイリー・メール紙は、ヴォルフスブルク戦でそ径部を負傷したマイケル・オーウェンが完全にチームの練習に合流したと伝えた。重傷になる前に交代を申し出たオーウェンの判断が吉と出た格好だ。「数年前になるんだけど無理をしてプレーを続けた結果、2ヶ月近くも戦列から離れることになってしまった。仮にヴォルフスブルク戦でもう一本ダッシュをしていたら、そ径部の負傷は長引くことになってしまったと思う」

ページ 1 / 2 次へ »