登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
08 October 2009 
ページ 1 / 2 次へ » 

新聞:エドウィン、ボルトン戦へ

ファン・デル・サール「準備はできている」
マンチェスター・ユナイテッドの次のゲームでプレーできるとエドウィン・ファン・デル・サールは語り、アレックス・ファーガソン監督に復調をアピールした。38歳のファン・デル・サールは、プレシーズンのバイエルン戦で2本の指を骨折し、今シーズンここまでのリーグ戦11試合と、カップ戦数試合に出場できなかった。しかし、彼は1-0で勝利した6日のリザーブ、エヴァートン戦を終え、10月17日のオールド・トラッフォードでのボルトン戦へ向けた準備が整ったと感じている。国内リーグ戦におけるファン・デル・サールの最後の試合は、5月16日のアーセナル戦、0-0で終わり、ユナイテッドのリーグチャンピオンを決定付けた試合までさかのぼる。ファン・デル・サールは以下のように話した。「リザーブの試合は、試合感を取り戻すための理想的な機会だったよ。僕の調子は良かった。負傷による影響は何も感じなかったね。ボルトン戦に向けて準備はできている」
― ブレンダン・アボット記者、デイリー・エクスプレス紙

その他では、FIFAがポール・ポグバのユナイテッド移籍を承認した件に関するニュースが多く見られた。ポグバの件に関するニュースは、このサイトでもすでに掲載している。詳しくはこちら

マイケル・カリックは7日、10日にウクライナ戦を迎えるイングランド代表の1人として、記者会見に臨んだ。話題のほとんどはイングランド代表でのカリックの立場に関するものだったが、議論はクラブでのカリックのポジションにも波及した。ザ・サン紙は、カリックがクラブでのパフォーマンスについて言及したと報じ、カリックのコメントを載せている。「僕はファーガソン監督と話したよ。彼は、僕がトップフォームを取り戻すためには、チームで2、3試合に出場するか、1ヶ月を必要すると言っていた。それは、議論やそれに類する大げさなものではないよ。僕たちはただ話をして、彼は事実を言っただけだからね。僕にとっては良い話し合いだった」

Round up by Nick Coppack
ページ 1 / 2 次へ »