登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
05 October 2009 
ページ 1 / 2 次へ » 

新聞:監督に処罰の可能性

ファーガソン監督に処罰の可能性
アレックス・ファーガソン監督が、アラン・ワイリー主審への暴言で数試合の出場停止処分を受ける可能性がある。3日、2-2の引き分けに終わったアウェーのサンダーランド戦でのワイリー主審の判定について、ファーガソン監督は公に批判していた。ファーガソン監督は、ワイリー主審が十分なロスタイムを取っていなかったと語り、ワイリー主審はプレミアリーグで主審を務めるに価しないと切り捨てていた。このファーガソン監督の発言は5日にも懲罰委員会で審議されることになっている。この件について、ファーガソン監督は以下のようにコメントしている。「彼がプレミアリーグで主審を務める力量を持った人物だとは思えない。彼はイエローカードを提示するのに30秒もかけていた。それは彼がちょっと休みたいと思っていたからに違いない」
― ニール・カスティス、ザ・サン紙

ジェイミー・レドナップデイリー・メール紙に掲載しているコラム内で、サンダーランド戦でユナイテッドの1点目となるゴールを決めたディミタール・ベルバトフについて触れている。「ベルバトフの技術の高さは、プレミアリーグのFWの中でも一番だと思う」と、レドナップはベルバトフを称賛している。「だが、彼は無理して冷静さを装っているように見えるよ」

チェルシーはリヴァプールに2-0で勝利し、ユナイテッドと勝ち点差2の首位に立った。チェルシーのカルロ・アンチェロッティ監督は、現段階でタイトルについて語るのは危険であるとの見解を示している。

ザ・タイムズ紙では、イングランド代表に招集されたベン・フォスターについて報じている。ファビオ・カペッロ監督から招集を受けたフォスターだが、軽い負傷を抱えていることもあり、ユナイテッドはフォスターの招集を拒否している。

Round up by Gemma Thompson

ページ 1 / 2 次へ »