登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
11 November 2009 

新聞:代表選手たちの動向

エヴラは冗談をいうのをやめた。
ユナイテッドのパトリス・エヴラは、フランス代表としてアイルランド代表とのプレーオフに臨む前に、あらゆる敵と戦っているようだ。
「ここ何日も、特定の人がわざと緑色の服を着てるんじゃないかと思ったよ。勝手な妄想なんだけどね。でもこの前、スプライトの缶を開けたときに、飲み物を変えようと決めたんだ。緑色のものを見た瞬間、アイルランド戦のことを考えてしまうんだよ」

14日にダブリンのクルック・パークで行われる第1戦に向け、エヴラはユナイテッドのチームメートでありアイルランド代表の、ジョン・オシェイについてパリでコメントしている。
「ユナイテッドでは、ここ数日からかわれ続けて難しかった。オシェイがクルック・パークは地獄だと言っていたしね。まあ、よくあることで僕もイングランドがユーロ2008の予選で失敗したとき、イングランド代表のチームメートにTVのリモコンのスイッチを変えるのが大変になるねって言ってやったんだ。それと、また同じことが始まった。ダレン・フレッチャー(スコットランド代表)は、一緒に夏を過ごそうよって言うんだ。冗談をはやめてもらいたいよね。フランス代表は出場権を確保しないといけないんだ。このことが頭から離れないよ」
― マット・パーカー、ザ・サン紙

ミラー紙によると、アレックス・ファーガソン監督が『近いうち、マンチェスター・ユナイテッドに選手を連れてくる』と報じている。監督は、ペーター・シュマイケルのデンマークのフットボール殿堂入りを祝うため、コペンハーゲンで行われている授与式に出席。その会場で、パレルモ所属DFのシモン・ケアの隣のテーブルに座っていた。

また、ミラー紙もオーウェン・ハーグリーヴスのインサイド・ユナイテッドの特集記事について書いている。そこでは、ハーグリーヴスが14ヶ月の負傷から回復し、立ち直るときの経験を語っている。