登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
18 November 2009 
ページ 1 / 2 次へ » 

新聞:ロドウェルの移籍が近い?

ユナイテッドが2000万ポンド(約30億円)でロドウェルを狙う
アレックス・ファーガソン監督は、エヴァートンの若手プレーヤー、ジャック・ロドウェルの獲得を急がなければならなくなりそうだ。それは1月の移籍市場での獲得を意味する。ファーガソン監督は来年の夏まで補強を行わない方針だったが、選手補強を禁止されたチェルシーの処分が免除され、そのチェルシーがロドウェルを狙っていると噂されているからだ。ちなみにロドウェルにはマンチェスター・シティーも興味を示しているとされる。
― ジェイムズ・ロブソン記者、マンチェスター・イブニングニュース

また、マンチェスター・イブニングニュースは、バレンシアに所属するダビド・シルバとダビド・ビージャの両選手も、依然ユナイテッドの獲得候補リストで上位に名を連ねていると報じた。しかし、両選手ともに4000万ポンド(約60億円)の移籍金が必要となることから、ヴォルフスブルクのエディン・ジェコの獲得に切り替えるのではないかと報じている。

ザ・サン紙は、ネマニャ・ヴィディッチリオ・ファーディナンドとコンビを組めば、ディフェンスラインは鉄壁だとコメントしている記事を掲載している。一方、ザ・ミラー紙によると、ヴィディッチがファーディナンドの選手としてのピークが既に過ぎているという巷の評価を一蹴していると伝えている。

また複数の新聞が、リヴァプールが2005年にチャンピオンズリーグ決勝を戦った際の映画、『世界を揺るがせた15分間~レッズに恋して~』について触れていた。

ファーガソン監督ガリー・ネヴィルの論争についてもいくつかの新聞で報じられている。

ザ・ミラー紙はトッテナムとユナイテッドが獲得を狙っているプリマスの若手DFジェイムズ・リチャーズについて扱っていた。ただ、獲得に近

ページ 1 / 2 次へ »