登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
30 November 2009 
ページ 1 / 2 次へ » 

新聞:ユナイテッドが狙うDF

リチャーズ、ライバルチームに移籍か?
ユナイテッドは、マンチェスター・シティーのマイカ・リチャーズの獲得を検討しているようだ。現在21歳と若いリチャーズが、今シーズンのリーグ戦で得た先発出場のチャンスはわずかに8試合。DF陣の顔ぶれが試合ごとに変わる現在のマンチェスター・シティーでも、なかなか出場機会を得ることができていない。またマンチェスター・シティーのスタッフとの関係も、この移籍話を加速させる一つの要因となる。リチャーズは2008年の2月に、マンチェスター・シティーと5年半の契約でサインしたものの、マーク・ヒューズ監督と衝突した過去を持っている。そのため、マンチェスター・シティーがリチャーズの処遇に困るような事態に発展すれば、ユナイテッドはすぐさま獲得に動き出す事が予想される。アレックス・ファーガソン監督は、リチャーズの能力を高く評価しているといわれており、過去にもリチャーズ獲得に動いたことがある。ファーガソン監督はコンディションに不安を抱えるガリー・ネヴィルと、まだまだ荒削りな感が否めないラファエウ・ダ・シウヴァが争っている右サイドバックのポジションに不安を抱えており、マンチェスター・シティーがリチャーズを放出する決断を下せば、ファーガソン監督が再び獲得に動き出すだろう。
― ジェイムズ・ノルゼイ記者、デイリー・ミラー紙

ケタリングの選手兼監督であるリー・ハーパーは、FAカップで再びユナイテッドと対戦することを熱望していると、デイリー・スター紙のグラハム・ヒル記者が報じている。2003-04シーズン、当時ノーサンプトンに所属していたハーパーは、FAカップの4回戦でユナイテッドと対戦。GKとして出場したハーパーは、ディエゴ・フォルランのPKを止めるなどの活躍を見せて、3-0で勝利した経歴を持っている。

ザ・テレグラフ紙のジェレミー・ウィルソン記者は、ライアン・ギグスの唯一無二のプレースタイルを絶賛し、BBCが選ぶ2009年の最優秀スポーツ選手にギグスを推薦している。この記事の中にはギグスを魔法使いと例えるウェイン・ルーニーのコメントが引用されている。

ページ 1 / 2 次へ »