登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
17 November 2009 
ページ 1 / 2 次へ » 

新聞:2選手が移籍?

トッテナムがフォスター獲得を狙う
GKに不安を抱えるトッテナムが、年明けの移籍市場で600万ポンド(約9億円)の移籍金をかけて、イングランド代表GKであるベン・フォスターの獲得を狙っているようだ。当のフォスターはマンチェスター・ユナイテッドでの序列が3番目に転落した場合にオールド・トラッフォードを去る可能性を認めている。そして、先週カルロ・クディチーニが自転車事故で重傷を負ったことでトッテナムのハリー・レドナップ監督は新たなGKの獲得を考えている。クラブで定期的に試合に出場できていないフォスターは来年のワールドカップ出場を懸念しているようだ。
― マーク・アーウィン記者、ザ・サン紙

ザ・テレグラフ紙によると、フォスターは6ヶ月のレンタル移籍も考慮しているようだ。同紙はナーニについても以下のような推測を掲載している。「フィオレンティーナは、1700万ポンド(約25億4000万円)の移籍金が見込まれるナーニ獲得のために、1500万ポンド(約22億4000万円)での完全移籍というオプションを付けて、6カ月のレンタル移籍を提案している」

また、インディペンデント紙に寄稿したイアン・ハーバート氏によると、よりコンディションの整った審判を求めたユナイテッドの要求は、現在の標準に満足しているイングランドサッカー協会(FA)によって退けられたようだ。

ハーバート氏は以下のように述べている。「アレックス・ファーガソン監督の提案は、イングランド以外の審判はプレミアリーグの審判と違ってとてもフィットしているというものだった。他の多くの国の審判がアマチュアであるという事実を考慮せずにね。そして、それらの国ではイングランドほどプレーレベルが高くはなく、審判のカバーしなければならない範囲もプレミアリーグの審判とは異なるんだ」

Round up by Matt Nichols
ページ 1 / 2 次へ »