登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
24 November 2009 

新聞:恐れ知らずのフレッチャー

耐える自信がある?
フランク・ランパードやスティーヴン・ジェラード、セスク・ファブレガスのような選手との対戦が何よりも好きであることを、ダレン・フレッチャーは明かした。フレッチャーにとって、プレミアリーグのベスト・プレイヤーとの対戦は挑戦でなく、自身の欲求を満たすもののようだ。「自惚れているように聞こえるのは本意ではないけれど、僕はこれまで自分が手に負えないと思った選手はいないんだ。あったとすれば、練習でロイ・キーンやポール・スコールズと対戦した時くらいだね。ランパードやファブレガス、ジェラードの凄さはわかっているけど、彼らと対戦するときは、自分の力を見る“良い機会だ”って思うんだよ! 僕は、対峙する相手選手のプレーを観察するんだ。当然、その選手が僕に奪われるボールを持っていない時も、ずっと相手を見ているよ。“プレーしたいかい? 削られるのが好きなのかい? 僕に90分間マークされたいかい? ボールを受ければ、すぐに僕はそのボールを奪いに行く。君にプレーはさせないよ?”っていう気持ちでね」
― マーティン・ブラックバーン記者、ザ・サン紙

いくつかの新聞は、ユナイテッド・ウィー・スタンド・ファンジンに載っていたフレッチャーのコメントを引用。その他、ユナイテッドに関するニュースはほとんどなかった。デイリー・メール紙は、喘息を克服したアスリートに対する、ポール・スコールズの短いコメントを掲載。一方、デイリー・エクスプレス紙によると、サルフォードの住民は次の選挙でライアン・ギグスに出馬してもらい    たいと考えているようだ。

Round up by Nick Coppack