登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
19 November 2009 
ページ 1 / 2 次へ » 

新聞:監督が代理人を口撃

代理人の過保護が現代の選手を弱くする

一部の脆弱な現代のサッカー選手は、代理人とメディアに守られることで、自分自身のパフォーマンスに責任を負うことができないと、アレックス・ファーガソン監督は話した。1000試合以上を経験した14人の監督にリーグの監督協会が敬意を表すための夕食会で、ファーガソン監督は「現在の移籍の大部分は代理人が行っている」と訴えた。ファーガソン監督はロンドンで聴衆にこう話した。
「我々は現在、以前とは性格の異なる選手たちと向き合っている。今の選手たちは25年前の選手たちより精神的に脆弱だ。それは、代理人とメディアによって守られるようになったからだろう。数年前までは、ある種の誇りを持ってプレーし、自らのパフォーマンスの責任をとれる選手たちがいた。当時の選手たちは今ほど守られていなかったので、自らミスを認めることができた。それは良いことだったがね。しかし、近頃の選手はとても脆弱で、彼らを保護する様々な人間に囲まれて生活している。代理人に加え、メディアでさえ、多少なりともスター選手たちを保護しようとする。数年前まではそうではなかった」
―ポール・ヘイワード記者、ザ・ガーディアン紙

監督協会の夕食会でのファーガソン監督のコメントは、ほとんどの新聞のトップ記事を飾った。ザ・サン紙は、ファーガソン監督が初めて契約を結んだイーストスターリングが、同監督と契約するために費やした100ポンド(約1万5000円)という金額は高すぎたというコメントまでも引用していた。

また、同紙は、リオ・ファーディナンドのふくらはぎの問題が長引き、年明けまで出場できないと考えている。しかし、ファーディナンドとセンターバックでコンビを組むネマニャ・ヴィディッチに関しては、良いニュースが届いた。

ザ・ミラー紙は、セルビアが1-0で韓国に勝利した親善試合で、ヴィディッチが60分間プレーしたことにより、21日に行われるエヴァートン戦でチームに復帰するのではないかと主張。また、その試合ではパク・チソンも70分間に渡ってプレーした。

ページ 1 / 2 次へ »