登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
11 May 2009 

新聞:テベスがトッテナムへ?

トッテナムがテベス争奪戦に参戦
トッテナムは、マンチェスター・シティー、チェルシー、レアル・マドリーと争う準備をしている。カルロス・テベスはユナイテッドを去ることになると考えているが、プレミアリーグという舞台でプレーし続けたいと思っている。テベスに近い関係者はサン・スポーツに対し、トッテナムのハリー・レドナップ監督がテベスの獲得を望んでおり、2500万ポンド(約37億円)を投じる準備があると語った。やり手として知られるレドナップは、新しい選手を獲得する資金を集めるために大規模な選手の放出を考えている。ロシア代表のFWロマン・パブリュチェンコやイングランド代表のFWダレン・ベント、MFデイヴィッド・ベントリー、その他の選手に対するオファーについても考慮するようだ。レドナップはテベスにレギュラーの座を保障するために、北ロンドンに連れてくることができると思っている。
ショーン・キャスティス記者、ザ・サン紙

デイリー・ミラー紙デイリー・メール紙は、ユナイテッドがマンチェスター・シティーに2-0で勝利したダービーは、カルロス・テベスとクリスチアーノ・ロナウドの「反抗」によって損なわれたと報じている。『反抗的なスターたちが、ダービーに勝利した喜びを台無しにした』というのは、デイリー・メール紙の見出しだ。

しかし、ガーディアン紙は、2人の態度にもアレックス・ファーガソンは動じなかったと報じている。ファーガソンは、途中交代を命じられた際のロナウドの態度や、テベスが自身の現状に関する不満を公の場で述べたことは「問題ない」と語った。「得点し続けてさえくれれば全く問題ない」

【注目記事】
ベルバトフのサイン入りユニホームが当たる!
アーセナル戦観戦会 参加者募集!

チャンピオンズリーグ決勝に向けた応援メッセージを募集中

Round up by Mark Froggatt