登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
28 May 2009 
ページ 1 / 2 次へ » 

新聞:イニエスタへの賛辞

潔く負けを認めるルーニー
27日に行われたチャンピオンズリーグ決勝でユナイテッドはバルセローナに0-2で敗れた。この試合をウェイン・ルーニーは、以下のようなコメントで振り返っている。「僕たちは世界最高のチームに負けたんだ」。優勝を逃して落胆するルーニーだったが、彼は試合を決めたの選手としてリオネル・メッシではなく、アンドレス・イニエスタの名前を挙げた。「僕にとって世界最高の選手はイニエスタだよ。彼のプレーは本当に信じられないものだった。非常に残念な結果となってしまった。だけど、バルセローナはとても素晴らしく、優勝に値するチームだったよ。早い時間帯に先制され、その後、メッシにゴールを許して苦戦を強いられてしまった。彼らの勝利は妥当だと思う。彼らよりも素晴らしいチームと対戦した記憶はない。本当に偉大なチームだと思うよ」。
― ニール・カスティス記者、アントニー・カストリナキス記者、ザ・サン紙

多くの新聞がチャンピオンズリーグ連覇の夢を阻まれたユナイテッドの試合を分析しており、その中にユナイテッドファンを満足させるような記事はほとんど見受けられない。

多くの専門家や記者がヨーロッパ王者となったバルセローナについて熱弁。その中には、かつてバルセローナで指揮をとっていたテリー・ヴェナブルズも含まれている。ザ・サン紙の中でヴェナブルズはリオネル・メッシについてこのように述べている。「最終的にメッシは自分の仕事を全うした。グアルディオラ監督はメッシをバルセローナの中心選手として指名し、チームを勝利に導いていった。チームを率いる中で、グアルディオラ監督はヨーロッパ王者への手ごたえを感じていたことだろう」

Round up by Adam Bostock

あなたが選ぶバルサ戦のMVPは? 投票はこちら

ページ 1 / 2 次へ »