登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
05 May 2009 
ページ 1 / 2 次へ » 

新聞:リベリー獲得へ

ユナイテッドがリベリー獲得に6300万ポンド(約94億円)を用意
ユナイテッドはバイエルンのフランク・リベリー獲得に向けて動き出したと報じられてた。ユナイテッドは移籍金として世界新記録となる7000万ユーロ(約94億円)を提示。リベリーはここ数週間、ドイツから去ることを匂わせる発言をしていた。ミュンヘンの情報筋は、ユナイテッドからバイエルンに、リベリー獲得に向けてのオファーが到着したことを確認済み。ユナイテッドのスカウト陣は最近のブンデスリーガにおけるリベリーのプレーをチェックしており、さらにミュンヘンで彼に関する調査を行っている。これまでで最高の移籍金は、2001年にジネディーヌ・ジダンがレアル・マドリーに移籍する際に払われた4400万ポンド(約66億円)。ユナイテッドのリベリーに対するオファーはこれを凌ぐものとなっているが、同じく今シーズン終了後にレアル・マドリーへの移籍が噂されているユナイテッドのクリスチアーノ・ロナウドの移籍金収入を前提としているようだ。リベリーのオファーが明るみになったことで、ロナウドのレアル・マドリーへの移籍の可能性が高くなったと言えるだろう。バイエルンはこのオファーを拒否すると見られているが、ユナイテッドがリベリーをオールド・トラッフォードに連れてこようとしているのは間違いないようだ。
― ラファエル・フォニグステイン記者、ガーディアン紙

デイリー・メール紙でも移籍に関する話題が報じられている。同紙によると、パリSGに所属する優秀なDF、ママドゥ・サコの獲得に、ユナイテッドが名乗りを上げたという。U-21フランス代表であるサコは、パリSG史上最年少となる17歳でキャプテンマークを巻いた記録を持っている。今シーズンも彼は素晴らしい活躍を見せており、彼の移籍金は1200万ポンド(約17億9000万円)と見込まれている。

多くの新聞が5日に行われるビッグマッチに注目。ザ・サン紙は、もしユナイテッドが決勝に勝ち上がったとしても、第2戦でウェイン・ルーニーが累積3枚目となるイエローカードを提示され、決勝でプレーできなくなるのではないかと推測している。

Round up by Adam Bostock

【関連記事】
準決勝の歴史を振り返る監督
エヴラ「ディフェンスがカギになる」
リオ、エヴラが出場可能に

ページ 1 / 2 次へ »