登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
12 May 2009 
ページ 1 / 2 次へ » 

新聞:ロナウドの態度に批判の声

監督に逆らってはいけない
10日に行われたマンチェスター・シティー戦で途中交代を命じられ不満を見せたクリスチアーノ・ロナウドは、アレックス・ファーガソン監督の怒りに備えなければいけない。元ユナイテッド選手のストライカー、アンディー・コールはユナイテッドに在籍していた7年間で、監督が激怒する場面を見ている。また、選手が監督に不満を見せた場合、監督は決してそれを許すことはないと語った。ロナウドがマンチェスター・シティー戦で途中交代を命じられて不満な表情を見せた時に、コールは監督に怒られるだろうと思ったようだ。しかし、監督は「問題ない」と語っている。「監督がどのように対処するのか楽しみだよ」と、コールは言った。「昔の監督とは違うのかもしれないね。監督の対応は想像できる。監督はいつも自分のやり方でこのような問題を解決するんだ」。交代してから試合が終了するまでの30分間、ロナウドはベンチで怒っていた。そして、試合が終了してから15分も立たないうちに、愛車のベントレーでオールド・トラッフォードを去っている。
― デイヴィッド・アンダーソン記者、デイリー・ミラー紙

アンディー・コールとコンビを組んでいた元ユナイテッド選手のストライカー、ドワイド・ヨークザ・サン紙の「混乱する監督と、哀れなロナウド」というタイトルの記事の中で、同様の発言をしている。また、デイリー・テレグラフ紙には、元ユナイテッド選手のポール・パーカーが、「ロナウドは自身の行動について謝罪しなければいけない」と語った記事が掲載されている。

ザ・テレグラフ紙は、ミカエル・シルベストルのユナイテッドのについてのコメントを掲載。シルベストルは、チャンピオンズリーグ準決勝でのアーセナルとユナイテッドの戦いを「赤ん坊と大人の戦い」と形容している。さらに、かつてのチームメートであるパトリス・エヴラはもっと評価されるべきだと語った。

ページ 1 / 2 次へ »