登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
25 May 2009 
ページ 1 / 2 次へ » 

新聞:ファギーは最高になれる

ファギーは最も偉大な監督になれる
マンチェスター・ユナイテッドとバルセローナの対戦が素晴らしい決勝か? そうだ。当然のことながら、この2チームは素晴らしいチームであり、大きな期待を受けている。しかし、決勝は必ずしも美しいサッカーを生む場所ではないことを思い出さなければならない。もし27日に勝利をつかむのがアレックス・ファーガソン監督なのであれば、彼は最も偉大な監督ということになる。彼はスーパーチームを作り上げた。プレミアリーグ3連覇とチャンピオンズリーグ連続決勝進出は、本当にトップであることを意味する。ファーディナンドやヴィディチ、ロナウド、ルーニーはプレーの質が高く、経験も豊富だ。彼らはチームとして、強さ、精神力、スピード、マジック、解決力の全てを完璧に兼ね備えている。彼らの素晴らしさを説明するのには、言葉などいらないんだよ。
― ジョゼ・モウリーニョ、デイリー・テレグラフ紙

そう、あなたは正しい考え方を読んだ。モウリーニョは明らかにイギリスのプレスが恋しい・・・・・・テレグラフ紙に掲載されている彼の最後のプレビュー記事は必見だ。

ガリー・ネヴィルは、ファビオ・カペッロ監督がイングランド代表監督に就任して初めて代表に招集された。ネヴィルがイングランド代表としてプレーしたのは、2年以上も前のスペイン戦が最後だった。ネヴィルはファーディナンド、ルーニー、カリックとともに、2010年ワールドカップ予選、6月6日のカザフスタン戦、10日のアンドラ戦に臨む。

クリスチアーノ・ロナウドは、噂される夏の去就について、自分の意見を主張した。彼はこう約束している。「僕の心はここにある。ここが、僕がプレーしたい場所なんだ。マンチェスター・ユナイテッドが僕の家なんだ」。ロナウドよ、君は素晴らしい!

インディペンデント紙のサム・ウォレス記者は、サッカー選手が多用性を求められることによって1つのポジションに腰を据えられないことに苦しんでいるという概念に、疑問を呈している。彼は、ジョン・オシェイがユナイテッドでキャリアを積み、ローマでの決勝にディフェンスラインの一員として先発出場するであろうことが質の高さを証明している、と述べた。

ページ 1 / 2 次へ »