登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
06 March 2009 
ページ 1 / 2 次へ » 

新聞:ロナウドへの批判

“傲慢な”ロナウドがトラブルを引き起こした

アーセナルのアルセーヌ・ヴェンゲル監督はクリスチアーノ・ロナウドの振舞いを不快に思っており、ロナウドは横柄だと批判している。また、ヴェンゲル監督はロナウドが主審から特別扱いを受けていると主張している。

ロナウドは4日のニューカッスル戦で、ニューカッスルのGKスティーヴン・テイラーと控え室へと続くトンネル内で激しく口論したが、これについてヴェンゲル監督が以下のように自身の見解を語っている。「反則とも取れるような危険なタックルには私も賛同することができないが、それにしてもマンチェスター・ユナイテッドは審判から有利な判定を受けていると思う。ロナウドの件が良い例だ。彼は傲慢で挑発的だ。他のユナイテッドの選手たちも同様だよ」

ヴェンゲル監督は、今シーズンのユナイテッドが全てのタイトルを勝ち取ったとしても、2004年にアーセナルの残した結果には太刀打ちできないと語っている。「5つのタイトルを獲得することは確かに特別なことだ。だが5冠達成がアーセナルの成し遂げたシーズン無敗記録を上回る偉業とは思わない。今のユナイテッドの実力ならばすべてのタイトルを獲得することも可能だろう。しかし彼らはシーズン終盤に過密日程を強いられる。これは5冠達成の大きな障害となるだろう」
― マーク・アーウィン記者、ザ・サン紙


ザ・ミラー紙
ロナウドがDFについて語っているインタビューを掲載している。「ピッチ上では僕はDFに狙われている。だけど、彼らが悪意を持って僕に向かって来ているとは思わない」


同じくザ・ミラー紙は、この1週間は多くのタイトル獲得を目指すユナイテッドにとって非常に重要になるとのウェイン・ルーニーのコメントを掲載している。「ユナイテッドは7日にFAカップを戦い、10日はチャンピオンズリーグのインテル戦、そして14日にはリヴァプール戦があるんだ。とても重要な1週間になるね」

フルアムからユナイテッドに移籍をしなかったらすでに引退していただろうと、エドウィン・ファン・デル・サールザ・サン紙に語っている。「サー・アレックス・ファーガソン監督のおかげでユナイテッドに移籍してきたけど、ユナイテッドに加入していなかったらもうスパイクを脱いでいたろうね」

ページ 1 / 2 次へ »