登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
25 March 2009 
ページ 1 / 2 次へ » 

新聞:UEFAが課税を検討?

UEFAがビッグクラブへの課税を検討
UEFAが検討している新ルールが、ビッグクラブであるチェルシーやユナイテッドに大きな影響を与えるかもしれない。UEFAが実施を考えているのは、アメリカのメジャーリーグが実施している、潤沢な資金を持つクラブに対し負担を強いる奢侈税(しゃしぜい)という制度だ。

UEFAはトップクラブの経済的な側面を“資金面でもフェアプレーを”のスローガンの元に是正したいとしている。この制度が実施されれば、ロシアの大富豪ロマン・アブラモヴィッチが経営権を握るチェルシーや、アメリカの実業家マルコム・グレーザーがトップに立つユナイテッドは大きな影響を受けることになる。10億ポンド(約1400億円)以上の負債を被ることになると推測される。

メジャーリーグで導入されている奢侈税は、選手の賃金が一定の基準を上回っているクラブに対し適用され、集まった資金はリーグ全体に再分配される。昨シーズン、ニューヨークヤンキースは2000万ポンド(約28億円)を他のライバルチームに支払っている。もし、UEFAがこの制度を導入すれば、チャンピオンズリーグや再編成されるヨーロッパリーグに参加するクラブは、事前にこの費用を払わなくてはならなくなる。
― アダム・シモンズ記者、ザ・サン紙


ザ・メール紙は重要記事欄で、イングランド・サッカー協会(FA)がアストン・ヴィラのGKブラッド・フリーデルへのリヴァプール戦レッドカードを撤回したことについての批判がエスカレートしていると報じた。それでも、フリーデルは4月5日のユナイテッド戦に出場することになるだろう。


クリスチアーノ・ロナウド
をめぐる問題の渦中にいるフィル・ダウド主審は、同僚のサポートをしっかりと受けていると報じられている。同僚の審判たちは、審判が世界最高の選手であるロナウドをプレミアリーグから追い出そうとている、という批判を否定した。0-2でユナイテッドが敗れたフルアム戦での、ルーニーへの退場処分が広く支持を集めているダウド主審本人は、同僚の審判たちにクレイヴン・コテージでの映像を見直すよう求めている。

ページ 1 / 2 次へ »