登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

新聞記事から

新聞記事から

新聞記事から

ここでは、日本と英国のメディアから抜粋した記事を掲載しています。 ここでの記事の内容は、必ずしもマンチェスター・ユナイテッドの見解を 反映したものではありません。
31 March 2009 

新聞:野次を歓迎するロナウド

ロナウド、ブーイングを歓迎
ユナイテッドのスターであり、今では世界的なスターとなったロナウドは、相手サポーターにとってブーイングの格好の標的だ。しかし、ロナウドは相手の非難にも動じず、自らのパフォーマンスがブーイングの影響を受けることはない語っている。

「僕はブーイングを受けるのが好きなんだ。ブーイングをするのは、ファンとしては当たり前のこと。僕が彼らを静止することはできないし、別に何の問題もない。僕は試合に集中して、他のことを考えないようにしているんだ。ピッチ上ではよく標的になるけど、それを避けることは難しい。ブーイングをする人も意図的に僕を傷つけようとしているわけじゃないと思う。ブーイングは試合が思うように運ばなかった時に起こるみたいだね。正直に言って、そのことについて悩んだことはないよ」
― デイヴィッド・アンダーソン記者、デイリー・ミラー紙

4月1日に行われるウクライナとの一戦で、イングランド代表として節目となる50キャップ目を刻むと目されているウェイン・ルーニーが、イングランド代表サポーターの投票による間最優秀選手賞に選ばれた。ルーニーは代表戦のここ4試合で7ゴールを決めている。

ザ・サン紙
リオ・ファーディナンドが、4月1日のウクライナ戦で復帰すると伝えた。ファーディナンドは背中のけがで、4-0で大勝したスロヴァキア戦を欠場。しかし、3月31日に別メニューで個人練習を行い、試合に復帰できるまでコンディションを戻していると、報じられている。

Round up by Gemma Thompson

【注目の記事】
ヴィディッチのサイン入りユニホームが当たる!
トッテナム戦観戦ツアー開催!

この記事に対するあなたの意見、感想を聞かせてください。
    ファンの交流の場、トーキングユナイテッドはこちら